cats and dogs

‐original BL novels‐



咲き乱れる花のように(4) -完結-

   § : 「咲き乱れる花のように」 "cad" spin-off
▲「cats and dogs」目次へ

[各頁へ→ 1 2 3 4

<< 前のページ


「う、んっ」
 突然強引に重なってきたレンに、サクは圧倒されたように逆らえなかった。
 熱く弾力を帯びたレンの唇がサクの唇を何度もなぞり、言葉の通り我慢しきれないように、すぐに歯列を割って舌が差し込まれてきた。熱く柔らかな、菓子の名残りでやけに甘い舌が、サクの舌を強引に巻き込んで何度もなぞり上げる。
 湿った音を立てて舌と舌がからまり、のしかかってくるレンの身体の熱さと重さに、その吐息の甘さに、唇と舌の感触に、サクはくらくらした。
 無意識に手が動いて、自分の上にいるレンの首の後ろに回される。いっそうレンを引き寄せるように、サクの方からもその甘く貪るような口付けに応えた。
「ん、……ん……レン……」
 口付けの合間に、思わず名前を呼ぶ。その唇を塞ぐように、さらにレンの唇が強く重なってきた。サクはたちまち胸の中で鼓動が強く速まってゆくのを感じる。
 その間にもレンの掌がサクの首筋に動き、うなじをすべった。何度も首筋を刺激するように指先がすべり、耳の裏で遊んだ後、その穴にくすぐるように触れる。
「んっ……」
 唇をふさがれながら、サクはたまらず反応する。早くも身体が熱くなり始めている。
 やっと唇が離れると、レンもサクもやや呼吸が乱れていた。至近距離で視線が交わり、その色の違う瞳の中に、互いに揺らめき燃え上がり始めた熱い劣情を見出す。
 レンの唇がもう一度サクに口付け、そのまま首筋に移った。湿った感触が、わざとのように音を立てながら白い素肌の上を辿ってゆく。そうしながら、その手がサクの纏うバスローブの帯をほどき、はだけさせてゆく。
「ふぁっ……あ、レン……っ」
 レンの掌がするりと脇腹をなぞって、サクはビクッと震えた。思わず反らせてしまった背中に、すぐにレンの掌が入り込んでくる。
「あ、ぁ、あッ……ふぁ」
 ゆっくりとその掌が背筋を何度も往復し始め、首筋と鎖骨に何度もキスを受けながら、サクは喉と背を反らして甘い声を上げた。レンがふれているだけで、そこから痺れるような熱が広がって素肌の上を駆け回る。うっすらと素肌が汗ばみ始める。
 そんなサクの反応を見ながら、レンがバスタオルに覆われただけの腰を、サクのすでにバスローブの取り払われた股間に、ぐいと押し付けた。
「あっ! や、あぁっ」
 互いのもう硬くなったものがバスタオル越しにこすれ合い、痺れるような快感がそこから駆け抜けた。
 まだ直接触られたわけでもなく、それほどの愛撫を受けたわけでもない。なのにサクはもう呼吸が乱れ始めて、全身が熱くなって、レンのどんな指先の動き、舌や唇の動き、身体の動きにも、いともたやすく反応していた。自分で自分の反応が恐ろしかった。
 サクがそうされるのに弱いことを知り尽くしているレンが、サクの上半身を、これでもかというほど指先で愛撫し始めた。臍のまわりを、脇腹を、背筋を、腰骨のまわりを。
 焦らすようにくすぐるようにレンの指先が伝い始め、サクが目を見開いて、ビクビクと身体を強張らせた。
「う、あっ。だ、だめ、あっ! れ、レンっ……それ、だめッ……ふあ、あぁっ」
 たちまち全身に鳥肌が立ち、身体が芯から震えて、サクはもがいた。熱い。レンの指がまだ上半身を這い回っているだけなのに、狂おしいほどに感じてしまう。
 震えるサクを見下ろしたレンが、その耳元に囁きかけた。
「ね。また縛っていい?」
「え……」
「駄目?」
 至近にあるレンの瞳は、優しさを含みながらも欲望を抑え切れないように、有無を言わせない光を放ってサクを見つめている。その目に、ゾクリとサクの背筋が震えた。
「……なんで、そんな縛りたいんだよ」
「なんかさ。俺だけのものって感じがして。見てるとすげー燃えるんだ」
 言いながら、レンがサクの首筋をまさぐるように唇と舌でなぞる。ひくりとサクが反応する。
「っ……燃えるのはいいけど、乱暴に……ッするな、よ」
「分かってる」
 レンがにやりと笑い、すぐそこに投げ出されていたバスローブの帯を取り上げて、サクの腕をその頭上に上げさせた。
「ん……」
 レンがサクの唇に口付け、その甘く柔らかな唇をまたなぞる。そうしながら、レンの手がサクの手首を拘束してゆく。
 両腕を持ち上げられて自由を奪われ、ひどく無防備な格好でレンの下敷きになっていることを思うと、サクの背筋にまたゾクゾクとひどく甘い疼きを伴った震えが走った。
「ふ、あっ……」
 無防備に晒されたサクの上半身に、レンが再び愛撫を再開した。首筋に口付けながら、その脇腹から腰まわりに、大きな掌をなぞらせる。サクの呼吸が乱れて上下し始めたその胸に、レンが唾液のあとをつけながら舌を辿らせてゆく。
「あぁっ」
 右の乳首にレンの舌先がふれてきて、サクはビクッと震えた。すでに硬く尖りきっているそこを、レンが舌でくすぐるようにつつく。と同時に、片手がサクの上半身全体に対する愛撫を再開した。
「あっ! あ、あうッ…… や、だ、だめっ、レン、だめ……あぁ、あっ!」
 ひとたまりもなく、サクは裸身を反らした。だが腕を頭上で拘束され、身を守る術がないサクは、その意地悪なほど的確に弱点を責めて来る動きに、何ひとつ抵抗する術がない。
 いつの間にか吹き出した汗が肌の上を伝って、既に滴るほどになっていた。左右の乳首をかわるがわる、しきりに舐められ、吸われ、転がされるだけでも下半身が痺れるほど感じてしまうのに、腹と言わず背と言わず腰まわりと言わず、いいようにレンの指先が伝いまわって、サクの身体を反り返らせる。
 それだけでもたまらないのに、またレンがサクの腰に自らの腰を押し付け、ゆっくりとこすり上げるように揺らし始めた。股間から燃え上がるような快感が広がり、サクは何度も首を振った。
「あぅっ、あ、あ……ッんぁ、だ、だめ……っ」
 全身の震えと鳥肌が止まらない。ひくひくと身体がひきつりすぎて、うまく息がつけなかった。涙が滲んでくるが、レンは少しもサクを責め立てる手を緩めてくれない。
「やっ、れ、レン、あ、あうッ……だめ、あ、やぁっ」
 全身をひきつらせているサクの顔を、レンが腰をゆっくり動かしながら、至近から覗きこんだ。
「駄目なの?」
「うあ、あ……れ、れん、ッ……く、うぅ」
「じゃ、やめる?」
「な、んで……あぁっ!」
 ぐいとひときわ強く突き上げられるように腰を刺激され、サクが悲鳴を上げた。その間も、上半身を撫で回すレンの手は止まらない。
「やめる?」
 悶えるサクの顔を覗きこんで、少し意地悪な声でレンがまた聞いてくる。サクは震えながら、涙の滲む目でそれを見返した。
「なんで、そんなこと、言うのっ……あ、あッ」
 また腰に刺激がきて、サクは身体をよじらせた。だが拘束されレンに押さえ込まれた身体は、思うより大きく動くことができない。
「だって、駄目って言うから」
 レンの舌が、尖って震えているサクの乳首をぺろりとまた舐めた。サクが震え、拘束された手が握り締められる。
「あっ……う、レン……やっ……」
「嫌?」
「や……やめないで……うあ、あっ……ふぁっ……!」
 背筋をそろりと大きく這った指先に、サクは上半身を仰け反らせた。
 サクの白い脚が無意識のようにレンの腰にからみ、自ら押し付けるように腰をせり上げて揺らした。レンが息を飲み、その刺激にビクリと震えた。
「ッく……」
「レン、もっと……もっと、して……っ」
 サクが何度も腰を押し付けて揺らし、息を切らしながらせがまれて、レンもまた堪えるように苦しげに眉根を寄せた。
「ちょ、サクッ……おま、エロすぎッ……」
「そんなの、知らないっ……もっと、ほしい……レン、もっと……あ……っ」
 自ら押し付けて腰を揺らしていたサクが、ふいにビクッと全身をひきつらせた。
「あ、あッ。だめ、あ、いく、あ……あぁッ」
 その予兆を感じたときになんとか堪えようとしたが、爪先から下半身を飲み込んで一気に駆け上がってきたその感覚に、サクは抗えなかった。どうにもならず、背を反り返らせてレンの股間に強く自らの股間を強く押し付ける。
「やあぁっ! あぁッ!」
 レンが抱き締めると同時に、互いの身体で圧迫されたその股間がはじけた。抱き締められたままサクはびくびくと震え、がくりと白い喉を反らした。
 驚いたような感心したような目で、レンはつくづくとその様子を眺めた。
「おまえ、相変わらず……めちゃくちゃ感じるな」
「う、ぁ……だ、って……」
 いきなり絶頂に呑まれてしまい、サクは舌までもつれたようになってしまっていた。涙と汗まみれのその瞼にレンが口付け、それから震えている唇にキスをした。
「ふぁっ……」
 レンがサクを横たえたまま、その股間にそっと舌を這わせた。放ったばかりで子供のそれのように震えているペニスにあまり刺激を与えないよう、吐き出された精液を拭ってやる。それでもサクは、ぴくぴくと身体が震えるのを止めることができなかった。
「んっ、あ……ぁ、ん」
 サクは身体が熱くて気持ちが良すぎて、どうにかなりそうだった。自分でも、どうしてこんなに感じてしまうのか分からない。ただ、狂おしいほどレンが欲しい。もっともっとその唇で、舌で、指で、全身で、愛撫して感じさせてほしくてたまらない。
 レンを見つめるサクの潤みきった黒い瞳に、その意思を読み取ったのか、レンがサクの背中に腕を入れた。首筋にキスを繰り返しながら、白い身体を裏返す。
 その腰を持ち上げるようにさせると、レンは近くに持ってきてあったローションを掌にまぶし、サクの股間に這わせた。
「ひ、あっ!」
 びくっとサクの白い背中が震えた。レンの手に、達したばかりでまだ萎れていたペニスを掴まれて、柔らかく扱かれる。手首を拘束され、うつ伏せて腰だけ持ち上げている、この上なく淫らな姿で、サクは身をよじらせて喘いだ。
「あ、あッ。 だ、だめっ……あぁっ」
 たちまち萎えていたペニスに熱い血が集まってくる。片手でサクのペニスを刺激しながら、レンはもう片方の手でその尻にローションを塗りつけた。そのあやしくぬめる感覚と、これから与えられるであろう刺激を予感し、サクの腰がたまらなく震えた。
「んっ、ぁ……」
 ひくひくと震える窄まりにレンの指が這い、その入り口をなぞった。サクは息を飲んで、その感覚に堪える。その間にもペニスへの刺激は止まず、すっかり熱く勃ち上がっている陰茎をゆっくりと扱かれる。
「ふぁ……ひっ!」
 窄まりの入り口を焦らすようになぞっていたレンの指が、つぷっとその穴に入り込んできた。サクは腰を、全身を震わせて、体内に侵入してきたその感触に必死で堪えた。
 入り込んできたレンの指が、ぬるぬると肉の裡を這い回る。下腹の奥の最も感じてしまう場所に指先が辿り着くと、絶妙な強弱をつけてなぞり始めた。そうしながら、その大きな掌で屹立したペニスを何度も扱かれ、ぬめりをたっぷりからめるように鬼頭を撫で回される。
 サクは熱く荒い呼吸を吐き、震えながら、拘束されたままの手で、たまたまそこにあったくしゃくしゃのバスローブを握り締めた。
 急所というより他にない場所をあられもなく晒して、手を拘束されたままそこをいいように弄ばれていることに、背筋がぞくぞくするほどの羞恥心を煽られる。煽られて一層強まる溺れるような悦びに、もはやほとんど砕けた腰が震えて、涙が滲む。
「あ、あッ……あぁ、そ、こ………いいっ……ッく……はぁ、……っ!」
 サクは何度も息を詰めて震え、身体を持っていかれそうになる熱すぎる快感に悶えた。レンの指がサクの中の特に感じるところを擦り上げ、何度も何度もうねるような快楽の波が襲ってくる。びくびくと全身が震えて、レンが与えるその感覚にすべてを委ね、貪るように、それだけにサクは没頭した。
 やがて充分すぎるほどにほぐれたサクの後ろに、レンが背後から熱く勃ち上がったペニスを押し付けた。挿入されることを予感して、サクの全身がそれのもたらす快楽を思って震えた。
「あっ、あああぁっ!」
 ずぶりと容赦なく突き込まれてきたその火傷しそうな硬く太いものに、サクはたまらず声を上げた。強烈すぎる刺激に思わず逃げようとしたその身体を捕まえられ、幾度か慣らすように抽挿された後、後ろから濡れた腰を抱えられた。
「ひっ……あ、あぁあッ!」
 ぐいと引き起こされ、サクは抵抗もできずレンの上に座らされた。それによってまともに自分の体重がかかり、奥までめり込んできた熱すぎる昂ぶりに、サクの喉が引きつった。
 汗にまみれて震えている白い裸身を、レンは後ろから抱き締めるように自らの上に固定した。その片手をサクのペニスに這わせて反った昂ぶりを扱きながら、同時に腰を揺さぶり始める。
「あっ! あんっ、あッ、あ、ああぁッ!」
 サクは下半身を絶え間なく襲う強烈すぎる熱い疼きと快感に、そこから全身に指先まで広がる灼熱するほどの痺れに、もうわけもわからず高い嬌声を上げた。いつのまにか自ら腰をうねらせ、より感じる部分への刺激を求めて動かし、突き込まれたレンのペニスを締め付ける。たまらなく感じる腰の奥を突き上げられ、掻き回される刺激と、ペニスを責め立てられる刺激が一緒になって、火がついたように激しすぎる快楽が駆け上がる。大きく弓なりに身体が反り返った。
 かすれた呼吸を乱し、倒れそうなほどのその身体を、レンの腕が後ろから強く抱き締めた。レンもまた、サクの激しさに翻弄されるように、すでに絶頂寸前だった。サクを抱き締めるレンの腕が震え、思わずのようにその唇から喘ぎが洩れた。
「あっ……あ、いッ……いくッ……あ、あぁッ!!」
 叫びと共にサクの白い裸身が引きつり、激しい絶頂に強張った末にガクガクと震えた。それに引きずられるように、ほぼ同時にレンも達していた。
「ッは……ッあ、くっ……ッ!」
 サクの震える身体を、レンはただ熱さに引きずられるまま、折れるほどに抱き締めた。
 レンの上でサクが仰け反ったまま震えていたが、やがてがくりとその身体から力が抜けた。崩れるようにかかってきた体重を、レンは慌てて受け止めた。
「サク」
 意識があるのかないのか分からないその顔を見つめ、レンはすっかり乱れて頬に張り付いている黒髪を指でよけてやった。ぐったりした白い瞼に唇を押し当て、もう一度サクを抱き締める。その感触に、サクが長い睫毛を揺らして、うっすらと瞳を開いた。
「ぁ……あ……れ、ん」
 呂律も回らないようなサクに、レンは笑って、その額に唇をふれさせた。
「平気か?」
「……う、ん……」
 サクの呼吸はまだ乱れていたが、その瞳は極上の夢でも見ていたように甘く潤んでいた。ひどく重たそうに、自分の腕を持ち上げる。
「これ……とって」
「ん?」
「抱き締めたい……」
 その言葉に、レンが青い瞳をまたたかせた。と、我に返ったように、サクの手首から拘束を外してやる。
 サクがようやく自由になった腕を伸ばして、レンの首に縋りつくように抱きついた。まだ震えを帯びたその身体を、レンはやや驚いたように、やがて目を瞑って、強く抱き締め返した。
 どれほどそうしていたのか、ようやく互いの呼吸が落ち着いて、身体の熱さも冷めてきた頃、サクがぽつりと呟いた。
「……せっかく風呂入ったのに。またべたべたになった」
「また入ればいいんじゃね?」
 笑って、レンはサクの頬にキスをした。
「ん……」
「でも俺、もーちょいやりたいなあ。俺まだ一回しかいってねぇし」
「……俺、けっこうもうクタクタなんだけど? どうせ夜もするんだろ?」
「おまえは最初から飛ばしすぎんだよ」
 レンが言うと、かぁっとサクが耳まで赤くなった。
「す……好きでやってるんじゃない」
「そうだろうけどなぁ」
 笑いながら、レンはサクをまた飽きずに抱き締めた。
「んー。まぁ、あと一回でいいから付き合え。死なない程度に加減してやっから」
「ん」
 サクがくすぐったそうに身じろぎし、レンの喉元に頬を摺り寄せるようにした。続いた激しい絶頂に眠気を催しているのか、その目つきが若干とろけて見える。
「……ま、もーちょい休んでからにすっか」
 レンが手を伸ばしてペットボトルを取り上げ、口に水を含んでサクの唇に口づけた。ん、とサクの落ちかかっていた睫毛が揺れる。
 レンの唇から流し込まれてくる水の感触に、黒い瞳が一瞬見開かれた。だが身体を包むレンの肌の熱さと感触に、その瞳が次第にやわらいでゆく。
 サクの腕がレンに伸ばされ、その首にゆっくりと抱きついた。乱れた黒髪を撫でてやりながら、もう何口か、レンは口移しでサクに水を飲ませてやった。
「……甘い」
 サクが小さく呟いた。ただの水なのに、ひどく甘い。そう感じた。
 サクは間近にあるレンの顔を見つめながら、濡れた唇で囁いた。
「おまえみたいだ」
「おまえも相当だけどな」
 レンはサクの頬にキスをして、それから柔らかな唇にまたキスをした。何度抱いても、何度口付けてもまだ足りないというように。
 サクもそれを拒まず、二人は今度は深く優しいキスを、長めの時間をかけてゆっくりと交わした。
 飽きずに寄り添いあう窓の外には、レンの部屋から見えるのと同じように、白い雲の浮いた青空がどこまでも広がっていた。


(了)


<< 前のページ


▲「cats and dogs」目次へ




-あとがきにかえて-

最後にサクはあんなことになってしまいますが、「世界中の誰よりも」「咲き乱れる花のように」という二つのお話は、「最後にどうなろうと、二人が心から想い合っていて、束の間であろうと幸せな時間を過ごしたことは事実」だという気持ちから書いてみました。
出会えて心を通じ合えた、幸せな時間を共有できた二人は決して不幸ではなかったのだと、そんなことをぼんやりと感じていただければ……と思います。




web拍手 by FC2
▲コメント(拍手)&返信欄
コメント大歓迎、お気軽にどうぞ!