cats and dogs

‐original BL novels‐



interlogue

   § : 「cats and dogs」
▲「cats and dogs」目次へ

<< 前のページ / 次のページ >>


 あのときいったい自分が何をしたかったのか、それは今でも分からない。
 自分のすべてを奪い、すべての価値観を破壊し、すべての矜持を引き裂いた彼に復讐がしたかったのか。
 すべてを奪われて尚残っていた、ひとかけらの心さえ奪われることに、震えるほどの堪え難い恐怖と、絶望と怒りを感じたのか。

 ただ分かるのは、あのとき彼が一言でも詫びていたら。かつて彼が自分にしたことを悔いてくれたなら。自分はナイフを取らず、引き金も引きはしなかったということ。

 死して尚、否、死したことでより無慈悲に泰然と、彼は自分の上に君臨し続けている。

 あのとき彼の頭を撃ち砕いた銃弾は、自分自身の最後の良心もまた撃ち砕いた。
 もう自分を止められるものは何もない。ただもう、糸に引かれるように、底の見えない暗闇に堕ちて行くしかない。


<< 前のページ / 次のページ >>


▲「cats and dogs」目次へ




web拍手 by FC2
▲コメント(拍手)&返信欄
コメント大歓迎、お気軽にどうぞ!