cats and dogs

‐original BL novels‐



-朔の章- 序のパンドラ

   § : 「cats and dogs」
▲「cats and dogs」目次へ

【約178,000文字、読了時間約356分】
シリアス/少年/暴力/SM/無理矢理/不条理/退廃/絶望/執着/狂気/猟奇/生と死/鬱END/
サクは裕福な家庭で何不自由なく育った、それ以外はごく普通の少年。しかしある日、大人達の一方的な都合で、社会的に抹殺され「廃都」に追放されてしまう。
超一級危険区域である廃都にあるのは、混沌と絶望、苦痛と快楽。「狂った非日常」が、荒廃した廃都では「日常」だった。
退廃しきった日々のうち、次第に廃都の人間として変貌してゆくサク。心を削り、声にならない怒りと悲しみの中で、魂を軋ませながらサクはただ思う。「死んでなどやるものか」と。
そんなサクの前に、ある日レンと名乗るハーフの青年が現われる。廃都に似つかわしくない、おおらかで嘘の無いレン。彼との出会いで、歪んでしまった運命の歯車が再び回り始める……。




次のページ >>


 帰ったらさっさと今日の分の勉強をやって、ちょっとだけゲームの続きもやって、部活が休みの分走って自主トレして、それから寝る前には彼女に電話して、……などとこれからの予定をぼんやり考えながら無防備に歩いていた腕を、サクはいきなり引っ張られた。
「うわっ!?」
 ガードレールの切れ目に寄せられていた車に、あっさりと引きずり込まれる。衣替えが済んだばかりの半袖の腕に、ひんやりとしたエアコンの冷気がふれた。
 転がり込んだシートの上で、慌てて朔は車内を見回した。
「なんだよ……サトシさんか」
 隣に座っている黒いスーツの男を見て、朔は安堵の息をついた。
「迎えに来てくれるのはいいけどさ。先に言っといてよ。てか、誘拐かと思ったっての」
 自分が子供の頃から家に出入りしている馴染みのその男に、朔はシートに寄り掛かりながら苦笑する。ドアが閉まり、車が車道を走り出した。
 広い車内は内装を木目調で統一され、落ち着いた高級感が漂っている。後部シートもゆったりとして、大柄な俊と、手脚が長くてそれなりの身長な成長期の朔が並んで座っていても、充分に余裕があった。
「なんかあったわけ? 急に迎えに来るなんてさ」
 朔はスクールバッグがわりにしているリュックをシートに放り出した。ランニングがてら走って帰ることもあるから、通学には背負えるバッグと昔から決めている。
 オーディオの操作パネルに手を伸ばしていじっていると、俊が深い色のサングラスをかけたままの顔で答えた。
「旦那様のお言いつけです」
「親父の? って今日なんかあったっけ」
 それ以上、俊は口を開こうとしない。普段から口数の多い男ではないが、今日はさらに輪をかけて寡黙であるようだ。
「まぁいいけどさ。最近急に暑くなったし、助かったわ」
 部活でグラウンドに立っている間はさして気にならない、むしろ素肌に心地良いくらいの陽射しの強さも、部活外で帰宅途中などになると途端にこたえてくるから不思議だ。
 朔はスピーカーから流れ出した気に入りの音楽を聴きながら、大きく脚を組んで深くシートに背を預けた。
 運転席と助手席にも、それぞれ黒服の男達が座っている。昔ながらの旧家であり、当代である父がかなりの勢力を持つ代議士であると同時に事業家でもある家庭に育った朔には、さして珍しい光景ではない。
 育ちの良さを示すように、陽には焼けていても朔の肌はすべらかで、頭髪は黒く艶やかだ。最近少し伸びてきて目許に邪魔なその髪をかき上げるようにしながら、朔はふと、車窓から見える景色に首を傾げた。
「どこに向かってんの?」
 見慣れた自宅への道ではない。しかしそれにも返事がなく、朔はさすがに眉根を寄せた。
「なぁ、なんか変じゃない? 俊さん黙りこくったままだしさ。親父が何の用なの?」
「すぐにお分かりになります」
 相変わらず、俊の声音は低く淡々としている。いつも通りの声に聞こえる。しかしどこか奇妙な印象が拭えないのは、そもそもただ迎えに来たと言うには、やけにものものしい雰囲気だからだろうか。普段であれば、迎えなど俊一人だ。それが今日は、三人。
「ふーん……? てかさ。宿題あるし、明日朝練だし、あんまり遅くなるとやばいんだけど」
「ご心配には及びません」
 俊は朔を見ようとしないままで答えた。しかしやはり要領を得ず、朔は若干苛立った。
「なあ。マジでどこ向かってんの? なんか言えないようなとこなわけ?」
 なおも俊は沈黙している。朔は諦めて溜め息をついた。
 俊の主人は朔ではなく、その父親だ。どうせ何か命じられた上に、余計なことは言うなと口止めでもされているのだ。
 面倒がってあまり懇親パーティーの類に出たがらない朔を、父はこれまでも何度か強引に連れ出したことがある。どうせまたそんなところだろう。旧家の御曹司、代議士の跡取り、などというのも楽ではない。 
 すべるように走り続ける車は、やがて高速道路に乗り、都心を離れ出した。いったいどこまで連れて行くつもりなのかと、朔はすでに居直る気持ちで頬杖をついて外を眺めていた。
 走り続けたその視界の先に、やがて遠く灰色のスモッグにかすむように、「かつての都心」であった摩天楼の影が見えてきた。
 写真や動画は別として、直接見たことはほとんどない「廃都」と呼ばれるその遠くの光景に、朔はいよいよ不信感を募らせる。
 あの場所は相当に都心から離れているはずだ。実際もう二時間近くも走り続けている。太陽もだいぶ西に傾き、空はすっかり夕暮れ色に染まりかけている。
 何があるにしても、この分では帰りは相当に遅くなりそうでうんざりした。
「もうすぐ到着ですよ」
 苛立っている朔の気配を察してか、俊が言った。表情の見えないサングラスの顔が、奇妙にゆっくりと、朔の上に巡らされた。
「目的地は、廃都ですので」
「……はぁ?」
 予想だにしなかったその言葉に、朔は間抜けな声を出した。


 冗談かと思っていたら、車は本当に「廃都」目指して走り続け、やがてその威容を眼前に臨む位置に停止した。
「うわ、なんかすっげえ……」
 車窓から「廃都」と呼ばれるその光景を間近に見て、思わず朔は好奇心半ばに、おっかなびっくりに呟いた。
 今十六歳、今年の冬で十七になる朔がこの世に生まれた、そのいくらか前の頃。そのときの世界では、この国も巻き込んで、大きな戦争が起きていた。
「WW3」と通称されるそれは、経済的にも国際平和的にもおおいに世の中を混乱させ、そして巻き込まれた多くの国々に様々な影響を与えた、とされている。
 物心ついた頃には戦争も終わり、また裕福層の子供として何不自由もなく育っていた朔には、WW3だかなんだか知らないが、そんなものは教科書に載っている遠い過去の出来事にすぎない。ただ、戦争に参加していたこの国にも当時の爪痕は残っており、WW3以前と以後では、社会そのものの様相もかなり変わったということだった。
 そしてひときわ大きな爪痕の一つが、この有名な「廃都」と呼ばれるもの​​​──戦争以前の時代はこの国の首都であった、大都市の廃墟だった。
 朔は初めて間近に見る、その巨大な都市のまさしく墓標のような光景に、こちらに暗く落ちかかってくるような、得体の知れない背中が粟立つような迫力を感じた。どうせならもっとよく見てみようと、誘われるように車を降りた。
 日没の残照を受けて、少なくとも目に見える範囲に限っては明かり一つ灯らない巨大な影と化しつつある摩天楼は、沈黙の中に佇んでいる。
 この都市が滅んだ原因は、確か空爆か何かで手ひどく破壊されたせいもあったようだが、細菌兵器による攻撃で街中の人間が死に絶え、まさに死の街となってしまったからだ、と読んだことがある。膨大な都市人口が残らず全滅したというのはさすがに眉唾だろうが、数百万規模の人命がかつてこの場所で失われたことは間違いなかった。
 昔そんな出来事があった、迫る夕闇に不気味に沈もうとしている「廃都」の姿を前に、朔はひとつ身震いした。
 初夏といっていいこの季節ではあるが、夕刻の風はまだけっこう涼しい。自分が震えたのはそのせいだと思うことにした。間違っても、「廃都」にまつわる都市伝説的な怪談のいくつかを思い出してしまったせいではない。
 廃都を見やりながら、「この場所」に関わる話を、朔はさらにいくつか思い起こしていた。

「廃都」と呼ばれる場所は、公式に「立ち入り禁止区域」とされている。どこまで本当かは分からないが、かつてこの街を滅ぼした細菌兵器の名残りがまだ残っているとかで、軍隊が監視して街を徹底封鎖しているのだ。
 しかし一方でこの街には、国の内外問わず、世の中からあぶれた者や浮浪者達が、厳重な警備をくぐり抜けて無数に流入していた。
 廃都の内側が実際にはどんな状態であるのか、それは「外」​​​──すなわち朔の生きている普通の世界には、ほとんど正確なことが伝わってこない。勿論国は把握しているのだろうが、一般層には廃都に関する正確な情報が降りてこないのだ。
 ただ分かっていることは、廃都と言えば「世界中のどこの国の法も通らない」、まさしく治外法権な「超一級危険区域」に指定されているということ。そして昔から、「廃都に許可なく近付く者は治安攪乱罪に問われ、厳重に処罰される」ということ。
 朔のようなごく一般的な子供達が大人達から教えられることは、「廃都には近付くな」というシンプルな内容だった。
 細菌兵器の名残りなど、実際眉唾なのだろう。おそらくは世のならず者達や、暴力団やマフィア達の巣窟となっている場所だから、危ないから近付くな、というのが真相に違いない。
 そして厳重警備されているはずの廃都に入り込む者が後を絶たず、廃都の内側では物騒ながら「一定の社会」が形成されているようだということからして、まことしやかにこうも言われていた。
 政府は、あえてこの状況を見過ごしている。つまり廃都の存在が政府に何らかのメリットを与えているから​​​──たとえば治外法権である廃都で行なわれる一切に目を瞑るかわりに、内部組織から多額の見返りを得ていたり​​​──厳重に警備だけはしても内部干渉はしないのだ、と。

 そんな数々の逸話、どこまでが真実でどこから都市伝説なのか分からない話を思い浮かべながら、朔は物珍しくあたりの光景を眺めて歩いた。
 廃都の摩天楼である、今は輪郭が見えるばかりの巨大な影の群れと、「こちら側」を仕切っている金網が、もうすぐそこにある。金網の上には鉄条網が巡らされ、そして監視塔と思しき細長い建築物が点在しているのも見て取れる。
 武器を持った兵士の姿などは見えないが、監視塔にはゆっくりと明かりが明滅していることからしても、こちらからは分からない場所に控えているのだろう。
 この「一般人には寄りつけない」警備の厳重さこそが、この廃都と呼ばれる街を、自分達の住む「こちら側」と大きく隔てている。
「んで? こんなとこに何の用なわけ?」
 朔は、自分と同じく車を降りていた俊達を振り返った。
「まさか廃都の見学会ってわけじゃないでしょ? そりゃちょっと刺激的だけどさ。おとなしく着いて来たんだからさ、そろそろマジな話してくれない?」
 なぜ自分がわざわざこんな場所に案内されたのか、朔にはまったく分からなかった。あまり金網と監視塔に近付き過ぎないように、しかしもう少し廃都の様子を見て取れるように、あたりをうろうろする。
 その自分の足音と、遠くの車道から聞こえてくる車の音くらいしか聞こえない中に、かちり、と、何か小さな音が響いた。
 耳に覚えのあるその金属的な音に、朔は俊を振り返る。
「……何やってんの、俊さん」
 朔は思わず身動きを失った。俊の右手には黒光りする拳銃が握られている。しかもその銃口は、真っ直ぐ朔に向いていた。
 何の冗談か、とまた思った。実際、この状況は冗談としか思えなかった。
 俊は朔の家に、正確には父に長く仕えているボディガードだ。一人っ子だった朔は、幼い頃から彼によく可愛がってもらっていた。いかつい外見に似合わず、サングラスを外すと存外に優しい顔立ちで、笑うときはその顔全体をくしゃくしゃにする俊を、朔は本当の兄のように思って育った。
 もっとも一人っ子だったのは、半年ほど前までの話ではあるのだが。
「朔様……お許し下さい」
 俊が押し殺したような声を出した。その手にある拳銃が偽物であるわけがないことを、朔は充分に知っていた。
 なぜかはまったく分からないが、それが今、どう見ても自分のことを狙っている。
「何だよ、それ……」
 まだ状況を理解できず、朔は困惑した声を上げた。
 気がつけば、俊の他にもう二人いた黒服達も、拳銃を抜いて朔に向けていた。
 ありえない、と思った途端、後ずさっていた。何が起きているのか分からない。だが、これは冗談ではない、ということだけは理解できた。
「……親父?」
 途方に暮れたような思いで向けられた銃口を見ながら、朔は言った。
「親父なのか。俺が……やっぱり邪魔になったの?」
 その泣き出しそうな表情と声に、俊が明らかに躊躇う色を見せた。
「……あの人は、あなたを廃都に連れて行けと仰いました」
 その言葉に、朔は息を飲む。苦渋を滲ませた俊の声音に、これは悪い冗談などではなく「現実」なのだと、その実感が背筋を冷たく伝いながら染み込んでゆく。
「ですが、あの家で何不自由なく育ったあなたが廃都で生きていけるわけがない。あの人は悪人になりたくなかったのです。あなたを廃都に追いやることで、あなたを事実上死に追いやるという現実から目を逸らそうとしている」
 淡々と告げながら、俊が無意識のように降ろしかけていた銃口を再度持ち上げた。朔は何の言葉も言えず、身動きすることもできず、ただそれを見返していた。
「ですから、私があなたを死なせて差し上げます。廃都などに追いやられ、いずれ野垂れ死ぬよりは、ここで楽に死ぬ方がずっと幸せですから」
「……冗談キツいっての……」
 やっとのことで、呻くように朔はそう呟いた。まだ状況が理解できず、そして思考と感情が事態を受け入れることを全力で拒んでいた。
「動かないで下さい、朔様。急所を外すことはしません」
 いっそ朔が混乱しているうちに、と思ってなのだろう。俊が間を詰めてきた。あたりはすっかり暗く、明かりも乏しいため、今のままの距離であれば狙いを外す可能性がある。
 まだ信じられない思いで突っ立っていた朔は、俊が引き金を引くまさにその瞬間を、自分でもなぜと思う鋭敏さで察知した。命の危機を前に、無意識が五感の活動を、常態を大きく超えて促したのだろう。
 ぎりぎりで動いた朔の身をかすめて銃弾が走り、音を立ててアスファルトを穿った。響き渡った銃声と、動かなければ確実に命中していたという事実とが、朔の頭を殴られたように現実に引き戻した。
「ヒッ……」
 喉がひきつり、悲鳴にもならない声を上げた。数歩よろめき、弾かれたように走り出す。
 背後からバラバラと足音が追ってくる。何もかも信じられない、信じたくもないが、今はもうまともな思考が働かず、逃げることしか考えられなかった。さらに何発か銃弾が身をかすめ、朔はますます死に物狂いで走った。
 逃げる場所もないまま走った先は、じきに廃都をその向こうに臨むフェンスの際へと朔を追いやった。金網に取り付いてみるが、それは頑丈で背が高く、まして上の方には棘だらけの鉄条網が張り巡らされている。
 だが、これを越える他に逃げ場がない。
 たった数百メートル走っただけだというのに、心拍数が急上昇して呼吸が乱れている。狂ったようにガンガン体内に響き渡る心臓の音を聞き、こめかみに鈍痛を走らせる血流の速さを感じながら、朔は一度だけ後ろを振り返った。本領はハイジャンプだが、短距離走のタイムも決して悪くは無い朔の脚力は、ここに到るまでにだいぶ俊達を引き離している。とはいえ、迷っているような時間はなかった。
 朔は勢いをつけてジャンプし、金網に取り付いて登り始めた。日頃から鍛えられ身軽な身体は、たやすく高い金網の上へと移動する。
 しかし途中から絡みついた鉄条網に、朔は怯んだ。鉄条網の絡んだ縦に二メートルほどもある部分は、途中から廃都の側へ向かって幾分傾いている。
 鉄条網からびっしり生えた鋭い棘の輝きを、朔は凝視した。なんとか棘を避けて触りたかったが、とてもそれはできそうもなかった。
 そこに足首をあわやかすめて銃弾が走り、朔は覚悟を決めて鉄条網に手を伸ばした。
「……っ……!」
 ざくり、と掌の表皮を突き破って鋭い棘が肉に食い込んできた感触に、朔は上がりそうになった悲鳴をなんとか飲み込んだ。かつて体験したことのない激痛に、一気に脂汗が全身に浮く。だが掌の痛みよりも、今は追われる恐怖の方が勝った。
 鉄条網を握り締めた手にさらに力を込め、身体を引き上げる。ますます棘が深く突き刺さり、掌を引き剥がすときにもまた焼け付くような痛みが走った。せめてなんとか身体には棘をふれさせないようにすると、さらに掌に深く棘が食い込む。だがもう何も考えず、必死で歯を食いしばって鉄条網を這い上がった。
 ようやく頂に辿り着き、朔はそこから後先考えずに向こう側の地面に向かって跳んだ。硬いアスファルトの上になんとか激突することなく着地したが、勢い余って数歩よろけた末に派手に転倒した。
 しかし、フェンスを隔ててなおも銃弾が飛んできた。朔は身体のあちこちに走る痛みを自覚する余裕もなく、即座に立ち上がって走り出した。
 今はもう、ただ逃げるだけだ。それ以外のことを考えられない。たったこれだけの運動量で、心臓が破れるのではないかと思うほど息が上がっている。感情と理性の極端な乱れが、そのまま自律神経も狂わせていた。
 宵闇へと完全に沈んでゆく廃都の影へ向かって、朔は何度も自分の足に足をとられながら、呼吸の続く限り走り続けた。


次のページ >>


▲「cats and dogs」目次へ




web拍手 by FC2
▲コメント(拍手)&返信欄
コメント大歓迎、お気軽にどうぞ!